じぃちゃん・ばぁちゃんを誘って、2歳の息子と旦那と5人で和食レストランへ食事に行ってきた。旦那はすき焼き定食でお肉をいっぱい食べて大満足。息子は汽車ぽっぽに乗ったお子様ランチを食べてテンション上がりまくり。じぃちゃん・ばぁちゃんは思いがけない孫との時間に終始、目尻を下げながらにっこり笑顔。私はみんなが喜んでくれたし、おいしいご飯を上げ膳・据え膳で食べれて大満足。
たまにはこんな風に家族みんなで食事するのもいいもんだね。今回は私の側の両親だったけれど、次は旦那さん側の両親を誘って食事に行こうかな。

息子が「父の日だから」と夕飯を作ってくれました。料理をしてくれるという事は 私はしなくていい=便乗?笑
彼が料理を始めたのは小学校六年生の時。下の子が緊急入院する事になり、小学校から帰った彼は一人でお留守番
病院から家に「これから言う物メモして用意しといて」と電話をいれたところ「母さん大変だから僕が御飯作ったから、家の事は心配しなくていいからね」という言葉が返ってきました。私泣きそう
あれから十数年。料理の腕を上げ、事有るごとに料理を作ってくれて私を助けてくれています。
よく「母の日」はしてくれても「父の日」は何もしてくれない と聞きますが、親バカですが 優しい息子に育って良かったな。と思います。

息子は早生まれのため、同い年の4月生まれの子と比べたら、まだできないことがたくさんあります。
でも、他の子と比べるのは良くないので、わたしはまわりをあまり意識せずに育児をすることにしました。

まず、図書館で何冊もの本を借りました。
育児、教育に関することなら、なんでも読んでみました。

しかし、息子の成長スピードは遅く、わたしはときどきイライラしてしまうようになりました。
なんでできないんだろう。
発達の具合が気になって、専門の病院に行ったこともあります。

ところが、最近ふとした瞬間に、息子の成長を感じるようになりました。
息子が、歌をうたっているのです。
そして、ひとりでトイレをすることができるようになりました。

わたしは焦ることをやめました。
今では、親子で歌うことが楽しみのひとつとなっています。

今年は節約の年にするぞ!と夫と話し合って決めてから、だいぶたちました。
休日の外食を減らし、食材は大安売りをしているときに買うようにしました。

正直に言って、たしかにお金は少しずつ貯まってきましたが、幸せかというと微妙な気持ちです。
わたしの求めていた生活はこんな感じじゃない、もっと自由にお金を使いたい!
1円でも安いものを探して買うのにはうんざりだと思いました。
きっと疲れていたのだと思います。

そんなある日、お財布の掃除をしていたとき、折りたたまれた1万円札を見つけました。
一体誰が?
ふと、実母の笑顔が浮かんできました。
電話をかけてみると、これからも大変だろうけど頑張ってね、と励まされました。
応援してくれる人がいる。
それだけで、わたしは嬉しかったです。

ちなみに、その1万円札は大事にとってあります。

金ちゃんヌードルの5枚のシールを集めて当たる懸賞で見事1万円が当たったことが最近感じたうれしかったことです。
スーパーで金ちゃんヌードルが安い時に、どうせ当たらないだろうという気持ちで買って、とりあえずは、シールをはがきにはって応募し、肝心の金ちゃんヌードルは、お腹がすいたときに食べるようにして食べました。
金ちゃんヌードルはカップ麺なので、保存性があり、しかもお湯をかけるだけで食べれる食べ物なので、とても便利でした。しかも1万円が当たったときは、お金がなくてとても困っていた時なので、喜びは普通の人よりはるかにあったと思います。